« 2012年9月23日 - 2012年9月29日 | トップページ | 2012年10月7日 - 2012年10月13日 »

2012年9月30日 - 2012年10月6日

2012年9月30日 (日)

親知らずについて

「親知らず」とは10代後半~20代にかけて生えてくる、
奥歯の更に奥にある4本の歯の事です。

人によって歯が生えない(歯が見えない)人や、
4本綺麗に生えそろう人、1~3本しか生えない人、
少しだけ歯が見える人などがいます。

更に他の歯よりも遅れて生えてくるので、
真っ直ぐ4本とも生えそろうのは極めて稀です。
もちろん真っ直ぐ生えれば虫歯も歯並びも心配ないのですが、
そうでない人の方が多く、歯並びの悪化や虫歯の原因になっています。

何故親知らずが生えると歯並びが悪くなるかというと、
日本人は顎が小さく、親知らずの生えるスペースがないからです。
(顎が小さくなるよう退化してきたが、歯の本数はあまり変わっていないため)
元から生えている歯を押し出すようにして生えるからです。

その過程で曲がって生えると、
奥歯と親知らずの歯の間に隙間が生まれ、
そこが虫歯の原因になってしまうのです。

何故日本人の顎は小さいかというと、
日本人は柔らかい食べ物を好むからです。
柔らかい食べ物ばかり食べていると、
顎の筋肉が発達せず、口も歯も歯を支える歯茎も育ちません。

よくテレビに出ている顔の小さな芸能人がいます。
確かに顔が小さくてイケメン・美系な人が多いですが、
顔が小さい=顎が小さいという事なので、歯並びが悪い人が結構います。
もし顔や顎が小さくて歯並びも良い人は、
既にテレビに出る前に歯列矯正をしている事が多いです。
もちろん奇跡的に顎が小さくても歯並びが良いという人はいるでしょうが(笑)
(そもそも「美」で売っているのに「食は疎か」ってどういう事?w)
(「美」で売っているのに歯並びが悪いってどういう事?って思っちゃいます)



歯並びが悪くなってしまった人が歯並びを良くするためには、
まず歯を移動させるスペースがなければなりません。

前述した通り、顎の小さい人は親知らずが生えるスペースがないため、
親知らずは他の歯を押し出すようにして生えてきます。

例えば親知らずが前に向かって生えると、
それによって全体的に歯が前へ押し出され、
歯と歯の隙間がなくなって歯の身動きがとれなくなります。

そんな状態でどんなに口の筋肉や舌の筋肉を鍛えても、
歯が移動するスペースがありませんから一向に歯並びは良くなりません。
一度そういう状態になると自分ではそう簡単に戻せません。

ので通常、歯医者さんで歯列矯正を行うためには、
歯を移動させるスペースを確保するため、歯を抜きます。
(人によっては健康な歯を抜かなければならない場合もある)

親知らずも健康に真っ直ぐ生えていない限り、
抜かなければ歯列矯正ができないので抜いてしまう事が多いです。
(ただし親知らずだからといって抜けば良いという訳ではない)

人によっては矯正をせず、親知らずだけ抜く人もいます。
歯列矯正は高額な事も多いため、
そこは自分の財布と歯医者さんと相談して下さい。
(やたら歯を抜きたがる歯医者もいるので注意)

親知らずを抜いただけで自然に歯並びが戻れば一番良いのですが、
親知らずを放置していた時間が長いと、
逆に歯と歯の隙間が生まれる事の方が多いようです。
ので、歯並びを治すためにはやはり歯列矯正をした方が良いかと・・・。



ちなみに歯を移動させるスペースの確保ですが、
歯茎へのマッサージで改善される場合が僅かながらですがあります。
(親知らずの影響を放置していると歯茎も歪んでしまう)

よくお湯で揉むように歯茎をマッサージしましょう。
強く押したり、ばい菌が入ったりしないように注意しましょう。

もちろん口の周りや舌の筋肉のトレーニングも忘れずに。

« 2012年9月23日 - 2012年9月29日 | トップページ | 2012年10月7日 - 2012年10月13日 »